キッチン ぶぶ亭

無農薬野菜を使った料理と自家製天然酵母パン、お弁当のブログ (ハンドメイド雑貨、縄文ワールドのお話もあるよ)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶぶパン ワンプレートランチ

てんこ盛りのワンプレートです。
ぶぶパンねじねじパンりんごぶぶパン
カマンベールチーズ、バナナ、にんじんのマリネ、サニーレタス、ブロッコリー。
そんなかんじかな。

IMG_6816.jpg

IMG_6817.jpg


IMG_6818.jpg

スポンサーサイト
テーマ:自家製天然酵母パン - ジャンル:グルメ
お彼岸だったら 蚤の市やってるよね。
などと 思ったのだが、もう彼岸明けてるやん。。。。
まぁ、天気が思いのほかいいし、行ってみるか。。。

IMG_6820.jpg

がら~~~ん、やっぱり店なんかでてないし。笑
彼岸の中日にきたかったんだけど、雨やったからなぁ。
ぶらぶら 回ってみるか。

これは井戸です。絵がきれいなので撮ってみたら、
うしろに あべのハルカス君が。日本一とはど~しても思えないなぁ。

IMG_6827.jpg


ね、カラフルできれいでしょ。

          IMG_6824.jpg


あ、そうだ!! 象に乗った菩薩さんのしだれ桜は咲いてるかな?
う~~ん、まだだ。
この象さん、牙が6本もあるんだよ。


IMG_6830.jpg


その横の桜は、ちらほら咲いててよかった!

IMG_6831.jpg


IMG_6832.jpg


亀の池にいってみよ~。
いてる、いてる。これをじ~~~~っと見てるのおもしろいんだ。
穏やかそうにみえるけど、ここの亀さんが、すずめをとって食べちゃったとこ見たことあるねん。
すごいんだから~。

IMG_6838.jpg


その池の前にある六時堂。

IMG_6843.jpg


このなかに「おもかる地蔵」さんがあるんだけど、
持って、軽かったら願い事が叶い、重かったらまだその時期じゃないと言われてるんだ。
いつもは 持ってみるんだけど、今日はやめといた。

IMG_6842.jpg


西門方面から見た中心伽藍と五重塔。

IMG_6848.jpg


四天王寺は大昔から夕陽が有名で、
春分と秋分の日だけ 西門のど真ん中 石鳥居の向こうに陽が落ちていくのです。
四天王寺は上町台地の上にあり、昔は大阪の海が見渡せたはずなので、
海に落ちていく夕陽は そりゃ美しかっただろうと想像するのが 好き。


         IMG_6844.jpg


お、雪柳も満開!

IMG_6850.jpg


かわいい。ちっちゃい花がいっぱい集まってて、
お花畑にいるような気分になってくる。

IMG_6851.jpg


花びらが 丸くって ほんとにかわいい。

IMG_6852.jpg


横から見ても ステキ。

IMG_6854.jpg


そうだ! 一心寺まで行ってみよ。
天王寺さんの西門から出て、ちょっと西に下るとあります。
もう、通天閣も見えます。

IMG_6859.jpg


一心寺の境内の片隅に 気になる子を発見!
狛犬だろうか? 果皮箱??ってかいてあるのかな? なに?
。。。たばこの吸い殻入れになってました。。。。

           IMG_6860.jpg


次、、、近松の墓にでも行ってみよ~~~!

道中 おもしろい木を発見!

           IMG_6866.jpg


グネグネシテル。 ドウナッテンノ??

IMG_6867.jpg


あ、違った、「竹本義太夫の墓」だった。
人形浄瑠璃の浄瑠璃節、「義太夫節」の人です。
四天王寺南門から100m位南にいったところの「超願寺」にあります。


IMG_6869.jpg

境内では 淡い桜が 木の幹から咲いてました。

IMG_6873.jpg


椿も咲いてたよ。

IMG_6874.jpg


ここまで来ると もうヘトヘトだったんだけど、
あとほんの100m南に行くと「庚申さん」があるので、
最後の力を出して、行ってみよう!!

IMG_6879.jpg


境内にはいると 満開のしだれ桜と雪柳がお出迎え~

IMG_6875.jpg

庚申堂に入ると、がら~んとしていて 正面に本尊 左にお守りなど売る売店、
右に椅子があって、 おばちゃん一人本尊のほうをむいてぼ~~~っとしてた。

わたしは 本尊に背をむけて、「庚申堂の由来」を読んでいると、、、、
突然「由来をよんでいらっしゃいますが、」と男の人の声。
振り向くと 庚申堂の主らしき人が一人。(おばちゃん、どこ行ったんや?)
「そこに書かれている以外にもプラスアルファーのお話がありますので、
よかったらご説明しましょうか?」(。。。疲れてるし、はよ、帰りたいし。。。)
「いえ、もう今日は帰りますので いいです。(なんか気の毒だな~)
あ、ここに 昔お猿さんがいたんですよね?」(これがいけなかった)
「三匹の松、竹、梅というお猿さんがいましたが、最後の1匹の竹がなくなったのが、
5月28日なんです。今日は月命日に近いということもあって、これも何かの縁でしょう」
(???月命日じゃないのよね?)

そばにある 猿の木の置物を持って、いきなり、「こちらへ近くに来てください」と。
(ええ~~!!おもかる地蔵みたいなことするんでしょ?)
「わたし、肩が悪くて重いもの持てないんです」
「これは持つものじゃございません。”さる加持”と言ってお猿さんが
悪いところを代わりにもっていってくれるのです、さぁ、こちらへ!!!」
「はぁ。」といって近くにいくと、いきなりその置物をわたしの頭の上にもってきて
「@:+?@x!/#&%$@、、、、、、」真言か 呪文のようなものを大声で!!!
(きゃ~~!!まじで~!!)
「後ろを向いてください。」肩や背中に そのお猿さんをグイグイ押し付けて
「@:+?@x!/#&%$@、、、、、、ソワカ~~~!!!!!」
思わず、「ありがとうございました」と言って深々とお礼をしてしまっていた。

「これで肩の悪いところや、痛みがあるのを お猿さんがもっていってくれますよ。
これは毎日したらいいんですよ。 朝の10:00~10:30の間にしています。
このお猿さんのちゃんちゃんこですが、」というなり 売店へはいり、
「こちらの猿ボボのお守りなどになっています」
(え、、、、え、、、、ただの説明だよね??)
そこへ、救世主! お客さんがやってきたので、やっと解放されたのであった。。。

いちおうお賽銭を入れて お参りして帰ってきました。

四天王寺へお来しの際は ぜひぜひ 庚申さんへもお立ち寄りください。
いろんな話がきけますよ。

おしまい。

テーマ:お散歩・お出かけ - ジャンル:ライフ
ぶりぶり~~

IMG_6880.jpg


原木しいたけの焼いたん、ほうれん草、ブロッコリー、サニーレタス、ラディッシュ
といっしょにいただきましょう!

IMG_6882.jpg

テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。