キッチン ぶぶ亭

無農薬野菜を使った料理と自家製天然酵母パン、お弁当のブログ (ハンドメイド雑貨、縄文ワールドのお話もあるよ)

3日目
今日は津軽半島の北限、龍飛岬に行く予定だったんだけど、
台風18号の影響で、雨。
どうやら今日1日中雨で、明日は晴れそうなので 
明日の予定といれかえてして、今日は
南下して、金木や五所川原方面へ行くことにしました。


津軽鉄道 深郷田駅
ポツンと、、、無人だね。

DSC01084.jpg


芦野湖かな?

DSC01085.jpg


踏切の花咲じぃさん?

DSC01086.jpg


芦野公園駅
このあたりに来ると、太宰治氏の小説にでてくる場所がでてきますね。

DSC01087.jpg


こちらが、旧駅舎。
旅に出る前に 小説「津軽」を読んだので、あぁ、と思います。
今は喫茶店になっているようです。 入ってみたかったけど、、、。

DSC01088.jpg


これは、金木駅

DSC01089.jpg



金木の町へ来たのは、「津軽三味線会館」があるからです。
ここで、三味線のライブが聞けるのですよ。

DSC01095 (1)

演奏が始まる前に 津軽三味線の歴史と 金木の町のビデオを見ます。
それから、
りんご節やら、いろいろ演奏してくれて、最後は津軽じょんがら節でした。
へ~~~、と思いました。 力強くよかったです。
すみません、この人のお名前はわかりません。。。

DSC01093.jpg

展示物もおもしろかったですよ。
津軽三味線のルーツや歴史、津軽民謡、郷土芸能等を紹介していて、
「世界の弦楽器・三味線」コーナーでは、各音色を聴くことができたりね。
三橋美智也についても展示されてて、へ~~、こんな人やったんか、と
ちょっと思ったりしてね。

このねぷたは小さいものだけど、舞台の端にありました。

DSC01094.jpg

ここでかわいいバッジをGET。   DSC01526 (2)


会館の近くに 太宰治氏の生家があります。

DSC01096.jpg


めちゃめちゃ 立派なおうちです。
テレビで見たことあるから、中には入らなかったけど。

DSC01099.jpg


おうちの向かいに 金木観光物産館「マディニー」があります。
入ってみると、、、、、
太宰治氏がキャラクターになったグッズがイロイロ売られててビックリ!
お酒だね。 彼は好きだからね。

DSC01100.jpg


ファイルもあるね。
しかし、、、 家の前で自分がキャラクターになったグッズが売られてるの、
彼はどう思うのだろうかね。。。。。
こんなことになるとは、思わなかっただろうね。。。。
わたしは、彼のグッズはまるで買う気はないですが、おもしろかったです。


DSC01101.jpg


こちらは 雲祥寺です。
太宰治氏が子守りのタケさんに連れられ地獄極楽の絵を見た、
という所のようです。

DSC01106.jpg


ここも中には入らなかったけど、 立派な釣鐘堂です。

DSC01107.jpg


おなかがすきました。
近くで 何か食べちゃいましょうよ。
先日 テレビで見た軽食屋に行ってみようか。
なんだかコワイけど。。。。

DSC01115.jpg


店内は わ~~、超レトロ。
奥さんが一人でやってます。


DSC01109.jpg


DSC01108.jpg


おにスぺ (おにぎりスペシャル) を注文。
これで 500円です! OK!

DSC01113.jpg


タバコのにおいが染みついた店内だったので、早々と店をでて、
五所川原へ向かうべし。

DSC01116.jpg


こちらが 五能線 JR五所川原駅です。 
                           DSC01124 (1)


そいでもって、 その隣にあるのが、津軽鉄道 始発駅の五所川原駅です。

DSC01119.jpg


DSC01120.jpg


駅舎にはいると コロちゃんがお出迎え~。
そして、 いましたよ、 先日これもまた別の鉄道番組で見た女の駅員さん。
なんて番組だったかな~。。。。??

       DSC01123.jpg



さっき行った津軽三味線会館においてあったチラシ。
五月女萢(そとめやち)遺跡の特別展が
五所川原の立佞武多の館であるらしいから、行ってみることに!!
実は、このチラシの真ん中の土面、見たかったんだよ~。

       IMG_0738.jpg

人面付土器というらしいけど。 遮光器土偶の目になってるでしょ。
顔全体にベンガラの赤色顔料が塗られているのです。
こちらの展示物はすべて 写真撮影不可でした。 残念。

出土した人骨などもあり、それは さすがに見れなかったわ。
そんなの掘り起こして、展示したらアカンと思う。

この「立佞武多の館」に入ったところに 大きな大きな立佞武多が立っています。
デカイ!!


       DSC01125.jpg


迫力の顔ですね~。

DSC01126.jpg


このほかにも数々が見れるようですが、
別料金が発生するのと、あまり興味がないので、
入口のところにあったものだけを撮影。

これは ミニチュアです。

       DSC01127.jpg

立派で 綺麗です~。

       DSC01128.jpg


では、 五能線沿いに西へ「道の駅 もりた」まで 行こうよ!

道の駅で お土産に りんごジュースをゲット。
なんか、かわいい。

IMG_0691.jpg

つがる市のマスコットキャラクター
つがーるちゃんもかわいいで~。
                       IMG_0692.jpg


そして、道の駅で共同浴場を尋ねたんだけど、 
その温泉にたどり着く前に え~~かんじの温泉発見!!
ここに入るべし! 


DSC01130.jpg


塩っぽくない温泉でした。あったまりました~。
おもしろいオバチャンがいて、「ヘバ」って使ってた。津軽弁だね。
毎回、一旦言った言葉を、また私にわかる言葉に直して話してくれました。
100円の洗顔クリームや、 頭を洗えといって、シャンプーだと言って、
コンディショナーをドバ~~っと出してくれたりして、、、
(なかなかヌルヌルがとれなくて、何回も何回もすすぐハメになりました)

さてさて、 お次は しゃこちゃん駅に行くぞ~!!
これも 旅のメインの一つでございます。
しゃこちゃんとは、遮光器土偶のニックネームです。
五能線の木造駅は 巨大しゃこちゃんがはりついた駅なのです!

出た~~~!!!
アレ、しゃこちゃん!! しかも目が光ってる!!

DSC01132.jpg


残念ながら写真ではよくわからないのですが、
電車が来ると 白色LEDで ピカピカ、キラキラ目が光ってお知らせするのです。
ラッキー!!ラッキー!!

どど~~~~んん。 そびえたつしゃこちゃん。


DSC01144.jpg


しゃこちゃんは、片足がなく出土したので、 そこが駅の出入り口になってるんだな~。
え~かんじや~。

横顔もえ~~で~。

       DSC01137.jpg


この木造駅から、ちょ~~~っと行った所で出土したのでございます。
本物は残念ながら 東京国立博物館に展示されていて こちらでは見れません。

               DSC01143 (1)


DSC01142.jpg


駅の前。


DSC01146.jpg

小説「津軽」の中で、
「木造は、また、コモヒの町である。」「この町のコモヒは、実に長い。」
と書いてあったので、楽しみにしていたんだけど、そんなものはもうまったくなかった。。。
コモヒとは、「こみせ」のことで、積雪の時に人の通路となる軒下のことらしいです。 


では、では、しゃこちゃんグッズ買いにいくぞ!!
めっちゃ たのしみ~~~♪

「街の駅 あるびょん」さん。
「あるびょん」 とは 津軽弁で 「あるだろう」 という意味らしい。
大阪弁で、「あるんちゃう」 ということですな。


DSC01150.jpg


入店しますと、 いきなり、
しゃこちゃんどら焼き!!
うひゃ! かわい~~~~けど、ぺっちゃんこ!
買うべし!!

DSC01147.jpg


次に しゃこちゃん煎餅
よくわからないけど、 ごま味をGET!!


DSC01148.jpg


ここへ来たら、買わないとアカンでしょ。

DSC01523.jpg


さらに奥に入ると、、、タオル発見!
さらに奥に入ると、、、、あった!! トレーナー!

ぶぶちゃんにトレーナーを買ってあげようと思ったら、
「こんなん来たら、シャレにならん・・・」 とのこと。
ではでは、 みーみが着よう、と思ったら サイズがデカすぎ!!トホホ、、、、(>_<)

ふりむくと、女の店員さんがしゃこちゃんTシャツを来ているではないか!!
「それ、欲しいんですが!」 というと、もう売り切れでない、とのこと。
「大阪から来たんです。しゃこちゃんめざして~(T_T)」と言うと、
「じゃあ、ぜったい欲しいですよね!?」と言って製造元へ連絡してくれて、
1枚作ってくれるとのこと!! わ~~い ヽ(^o^)丿
2週間後に到着するらしい。。。 めっちゃくちゃ楽しみですぅぅぅぅ。

そいでもって 他のスタッフの方が、
「問い合わせでかなり待ってもらったので、おわびに 
しゃこちゃんの文鎮をあげます。 手作りものですよ」 と!!!

IMG_0709.jpg


かわいぃ~~~、かわいぃ~~~!!!
これ、 トレーナーの横に売ってたのと同じだ。 高い値札ついてたよ。
きゃぁ~~~~!!! 私は もう、もう、 有頂天倶楽部です ヽ(^o^)丿
あるびょんさん ありがと~。


これが、 しゃこちゃんタオル(イエロー)
他、ピンクやブルーもあったんだ。
全色買えばよかった。。。。。

IMG_0707.jpg


近くにしゃこちゃん温泉があるらしい。

IMG_0710.jpg


それでは、 しゃこちゃん出土現場へ 向かいます。

この町のマンホールも しゃこちゃん。

DSC01152.jpg


看板も しゃこちゃん。

DSC01157.jpg

        DSC01167.jpg


盛り上がってきましたね~。

あ、あれは!! しゃこちゃん!!


        DSC01161.jpg


ここで、 東京のしゃこちゃん研究隊の人たちに出会ったのでした。
なんだか 有名な人らしいです。 中の一人はほりいゆうじさんと言う人でした。
(ぶぶちゃんもわたしも、誰やねん???・・・・・)
「しゃこちゃんファンですか?」と聞かれ、「そうです!みなさんもしゃこちゃんファンですか?」
と聞いたら、「そうです。こんなとこ、しゃこちゃんファンしか来ないでしょう。」
それもそうだ、と大笑い。 
その中の一人は縄文倶楽部の人で、長野県出身らしく、「あそこもいいのがあるんですよ~」と、
「尖石遺跡ですね。行きましたよ」というと大喜びされてました。
 
縄文の本とか、パンフレットを いくつかいただき、
またまたみーみは 有頂天倶楽部に!! ヽ(^o^)丿
楽しいひとときでした。


DSC01160.jpg


しゃこちゃん像の左奥の茂みで 農作業中に発見されたそうです!!
他にも出土したらしく、ここを「亀ヶ岡石器時代遺跡」というそうです。

この広場に立つ公衆トイレ

DSC01158.jpg


窓には、もちろん・・・・・しゃこちゃんが!!!

DSC01159.jpg


近くの「縄文館」で 他の出土品を見ようと思ったんだけど、
残念ながら、 閉館日。
資料館「カルコ」は開いていると東京の人に聞いたので、
行ってみたんだけど、開館時間に間に合わず、閉まってしまいました。
残念・・・・・・・。

気を取り直して、 「日本最古のりんごの木」を見に行ってみましょう。

ちょっとややこしい場所にあるのだが、、、 なんとか到着!

DSC01172.jpg


周りはりんごだらけ~~~!
どこにあるのじゃ??

DSC01174.jpg


ちょっと 家の敷地内のようなところを行くと、、、あった!!


DSC01179.jpg


たくさん、りんごが生ってます。
樹齢 136年だそうですよ~~~。 大きな大きな木です。

DSC01177.jpg


DSC01180.jpg


ちょうど、おうちの方が横の別のりんごを収穫中でした。
これは、「北紅」というりんご。 大きな、大きなりんご。
すべて予約が入っているそうです。

DSC01183.jpg


収穫の際、 落としたのがあるので、あげるわ。と 2個もいただいちゃいました!
ラッキー!!
みーみは またまもや 有頂天倶楽部!! ヽ(^o^)丿


DSC01185 (1) あとで量ると1個800gもありました。 

きっとめっちゃ高級よ~~!!! (#^.^#)
こんなに大きいの、普通に出回ってないもんね。


他にも まだ淡い色のりんごもありました。

DSC01187.jpg

DSC01189.jpg


こちらは かりん ですね。

DSC01184.jpg


いやぁ~、 今日は雨だったけど、 
ラッキーづくしの楽しい1日になりました。

晩ごはん、どこで食べるか迷ったあげく、
五所川原駅の観光課で 「駐車場のある定食屋」を聞いたら、 
このあたりは、夜は飲み屋さんばかりになって、食堂は閉まってしまうらしい。
イオンモールにも地元店があると勧められ、仕方なく行くことに。

そこで、津軽そばの「梵珠庵」さんへ。
期間限定の きのこそばを注文。

ぶぶちゃんは 天ぷら付き。

DSC01191.jpg


みーみは かき揚げ付き。

DSC01192.jpg


高野豆腐が入っているという めずらしいそばでした。
思いのほか おいしくいただけて、よかったです!

ではでは、 お宿に帰りましょう。

4日目に続く。

テーマ:旅行、旅、ドライブ - ジャンル:旅行
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する